• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

董狐之筆の解説 - 学研 四字熟語辞典

権力の圧力に屈せず、また権勢にこびへつらうことなく、歴史的事実を正しく記述すること。
注記
「董狐」は、中国春秋時代、晋しんの歴史記録官の名。
表記
「狐」を「弧」「孤」などと書きちがえない。
故事
国主霊公れいこうが部下に殺されたその時、大臣であった趙盾ちょうとんは国外に亡命するところであった。董狐は趙盾がまだ大臣の位にいたことから、趙盾が国主を殺したと記述した。
出典
『春秋左氏伝しゅんじゅうさしでん』宣公せんこう二年
goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。