• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

蒲生君平の解説 - 小学館 大辞泉

[1768~1813]江戸後期の尊王論者・儒学者。下野 (しもつけ) の人。名は秀実。水戸学の影響を受ける。荒廃した歴代天皇陵を調査して「山陵志」を著述。また、「不恤緯 (ふじゅつい) 」で、海防の必要を説く。林子平高山彦九郎とともに、寛政の三奇人といわれる。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉