円盤レコードの溝に針を接触させ、録音した音を再生する装置。回転台・ピックアップサウンドボックスからなる。1877年、エジソンが発明。再生は、はじめ針の振動を機械的に増幅して振動板に伝える方式で、のちに、針の振動を電気信号に変換して行われるようになった。