• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[副]《副詞「けだしく」+係助詞「も」から》
  1. (あとに推量または疑問の意味を表す語を伴って)おそらく。ひょっとしたら。

    1. 「なぞ鹿のわび鳴きすなる―秋野の萩や繁く散るらむ」〈・二一五四〉

  1. (あとに仮定の意味を表す語を伴って)もしも。

    1. 「よひよひにわが立ち待つに―君来まさずは苦しかるべし」〈・二九二九〉