• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 死後、極楽浄土の蓮華座上に生まれること。

  1. 寛政(1789~1801)のころ、上総 (かずさ) 国で、日蓮宗の悪僧が説いたという邪教。寺の本尊の前に大きな蓮華座を設け、極楽往生を願う者に大金を納めさせてこの蓮華座に上らせ、蓮華を閉じて刺殺し、極楽往生したように見せかけたといわれる。