• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

明治初期に成立した新宗教。教祖は島村みつ。法華神道系で、「事の妙法様」を信仰。御神水を用いた病気治療で、一時多くの信者を得たが、布教法が新聞で批判を受けたりして明治末には急激に衰退し、やがて消滅した。

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉