1. 平安時代から住宅や社寺建築において使われた、格子を取り付けた板戸。上部に蝶番 (ちょうつがい) をつけ、外または内側に水平に釣り上げて開ける。しとみど。

  1. 和船の舷側に立てて波しぶきや日光などを防ぐ板。平常は取り外しておく。しとみいた。

  1. 築城で、城外から見え透くところを覆う、戸の類。

  1. 町屋の前面にはめ込む横戸。2枚または3枚からなり、左右の柱の溝にはめる。昼は外しておく。しとみど。