[動マ四]さげす(蔑)む」に同じ。
  • 「笠田の耳語 (ささや) くのを―・む様に眺めていたが」〈小杉天外・初すがた〉

出典:青空文庫