• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

別当の次に位する蔵人所の官職。定員2名で、一人は弁官から、一人は近衛府の官人から採用され、頭弁 (とうのべん) 、頭中将 (とうのちゅうじょう) と称した。貫首 (かんじゅ) 。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉