• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古代の刀剣の形式の一。柄頭 (つかがしら) が蕨手状の鉄剣。古墳時代から奈良・平安時代にかけて用いられた。東北地方から多く出土し、正倉院御物中にもある。わらびでとう。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉