• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「わらびて」とも》

  1. 若葉がまだ開かず先がこぶしのように巻いている早蕨 (さわらび) 

  1. 早蕨のような先端が巻き込んだ形の意匠。刀の柄 (つか) や高欄、神輿 (みこし) の屋根などにみられる。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉