• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[副]《「うすら」の音変化》濃さ・明瞭度・厚さなどの程度がわずかであるさま。ほのかに。かすかに。うすく。「―(と)赤みが差す」「―(と)記憶に残っている」「雪が―(と)積もる」