1. イネ科の多年草。山野に群生し、高さ約1.5メートル。秋、茎の頂に十数本の枝を出し、黄褐色から紫褐色の大きい花穂をつける。これを俗に尾花といい、秋の七草の一。葉・茎を屋根をふくのに用いた。かや。 秋》「山は暮て野はたそがれの―かな/蕪村

  1. 紋所の名。1の穂と葉を図案化したもの。