• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

薤露蒿里の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

「薤露」「蒿里」は葬送のときにうたわれた挽歌ばんかの名。転じて、人の命のはかないことのたとえ。▽「薤露」は、にらの上におりた朝露の意。乾きやすく落ちやすいことから、人の命のはかなさのたとえ。「蒿里」はもと中国山東省の泰山の南にある山の名。人が死ぬとその魂がここに来るとされる。転じて、墓地の意。秦しん末の田横でんおうが漢の高祖劉邦りゅうほうに仕えるのを恥じて自殺したとき、悲しんだ門人が作ったという二編の楽府の詩に基づく。
出典
『古今注こきんちゅう』音楽おんがく
類語
薤上之露かいじょうのつゆ

[人知を越えたものを表す/時間/無常・はかない]カテゴリの四字熟語