• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「戦国策」魏策から》薪を抱いて、火を消そうと火元に近づく。害を除こうとして、かえって害を大きくすることのたとえ。