• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

薬九層倍の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

暴利をむさぼるたとえ。薬の売値は原価よりはるかに高く、儲もうけが大きいこと。薬は売値が非常に高く、原価の九倍もするという意から。
用例
薬九層倍というのは、あれは製薬会社と医者のことで、薬の小売店じゃそうはゆかねえんだそうだな。<丸谷才一・笹まくら>
類語
花八層倍はなはっそうばい

薬九層倍の解説 - 学研 四字辞典熟語

巨大な利益を得ることのたとえ。薬の売値は原価に比べて非常に高く、利益が多いから。
注記
もともとは「薬九双倍」と書いた。

薬九層倍の解説 - 小学館 大辞泉

薬の売価が、原価に比べて非常に高いこと、また、暴利をむさぼることのたとえ。

キーワード[健康/不健康]の四字熟語

キーワード[利益・利害]の四字熟語