キク科の越年草。山地の日当たりのよい所に生え、高さ約60センチ。茎は堅く、切ると白い乳液が出る。葉は長楕円形で、形が薬師如来光背を思わせ、基部は茎を抱く。夏から秋、黄色い頭状花を多数開く。