• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

正月6日の晩から7日の暁にかけ、七草粥 (ななくさがゆ) に入れる菜をまな板にのせ、囃子詞 (はやしことば) を唱えながら、たたき刻む。七草打つ。薺はやす。 新年》「―・つ妻は醍醐 (だいご) の里育ち/野風呂」