藤原秀郷の解説 - 小学館 大辞泉

平安中期の東国の武将。俗称、俵藤太 (たわらとうた) 。平将門の乱を平貞盛とともに平定し、下野守・武蔵守となる。小山・結城氏などはその子孫。百足 (むかで) 退治の伝説でも知られる。生没年未詳。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉