• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[枕]

  1. 藤のつるが物にからみつく意から、「思ひもとほり」にかかる。

    1. 「―思ひもとほり若草の思ひつきにし」〈・三二四八〉

  1. 波に関する意から、「たつ」「よる」にかかる。

    1. 「―たちもかへらで君とまれとか」〈後撰・春下〉

[補説]「並 (な) み」を引き出す序詞の一部としても用いる。
  • 「み吉野の大川野辺の藤波の並に思はばわが恋ひめやは」〈古今・恋四〉