• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「書断」四の、唐の太宗が、愛蔵していた王羲之 (おうぎし) 蘭亭序を、遺言によって陵墓に副葬品として入れさせた故事から》書画や骨董 (こっとう) などの収集品を愛好する気持ちの強いことをいう。