• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

かんばしいとばり。美人の閨 (ねや) のとばりにいう。

「手懸女はいたづらの昼も―のうちに房付枕ゆたかに」〈浮・伝来記・六〉