• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

井上光晴の小説。戦中から戦後の長崎県の炭鉱町を舞台に、被爆や被差別部落問題に触れつつ、人々の姿を描く。昭和35年(1960)刊行。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉