• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

虚静恬淡の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

心静かでわだかまりがなく、さっぱりしているさま。もと道家の修養法の語。▽「虚静」は心に先入観やわだかまりがなく、静かで落ち着いていること。「恬淡」は欲がなく心にわだかまりがないこと。
出典
『荘子そうじ』天道てんどう
句例
虚静恬淡の心境
類語
雲烟過眼うんえんかがん 虚無恬淡きょむてんたん 無欲恬淡むよくてんたん

虚静恬淡の解説 - 学研 四字辞典熟語

心にわだかまりがなく、無欲であっさりしているさま。
注記
「虚静」は、心にわだかまりがなく、静かで落ちついているさま。「恬淡」は、欲がなくあっさりしているさま。
表記
「虚静」を「虚勢」と書きちがえない。
出典
『荘子そうじ』天道てんどう
類語
雲烟過眼うんえんかがん 無欲恬淡むよくてんたん

[人物像を表す/性格/穏やかな・慎ましい]カテゴリの四字熟語

キーワード[こだわらない]の四字熟語

キーワード[淡々・淡泊]の四字熟語