• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 子供が寄生虫などによって腹痛・ひきつけかんしゃくなどを起こすこと。

  1. 痛みを伴う腹の病気。腹の中にすむ三尸 (さんし) の虫によって起こると考えられた。

    1. 「雨にうたれて、持病の―などが起りやしけん」〈逍遥当世書生気質

  1. 産気。陣痛。

    1. 「当たる十月 (とつき) に―づき」〈咄・無事志有意〉