1. 虫が食うこと。また、そのあと。「―の古本」「―の葉」

  1. 陶磁器の縁に表れた釉 (うわぐすり) の小さな剝落 (はくらく) のあと。虫が食ったあとに似る。釉が素地 (きじ) によく付着していないとできる。中国明代末期の古染め付けに多くみられ、茶人が賞玩 (しょうがん) した。

  1. スズメ目ムシクイ科の鳥の総称。日本ではセンダイムシクイメボソムシクイ・エゾムシクイ・イイジマムシクイが繁殖。羽色はいずれも暗緑色で白い眉斑があり、似ているが、さえずりが異なる。林にすみ昆虫やクモを主食とする。

  1. 老いた鶯 (うぐいす) のこと。

    1. 「夏、秋の末まで老い声に鳴きて、―など、ようもあらぬ者は」〈・四一〉

出典:青空文庫