[動マ五(四)]

  1. 虫が食って形を損なう。むしくいになる。

    1. 「―・んだような格子の柱に」〈三重吉・小鳥の巣〉

  1. 病気などで、からだや精神を少しずつ損なう。「大気汚染が健康を―・む」「心が―・まれる」

出典:青空文庫