• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ゴマノハグサ科の一年草。湿地に生え、高さ15~20センチ。葉は長楕円形。夏から秋にかけて、淡紫色の小花を開く。実がアブの目を思わせるので、この名がある。また、茎をつぶしたときの音から、ぱちぱちぐさともいう。