蛍の光。ほたるび。

「篝火は、里余の間に散列して、点々―の如く」〈竜渓経国美談