• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《葉の形が蛙の手に似ているところから》カエデの古名。

「わがやどに黄葉 (もみ) つ―見るごとに妹 (いも) をかけつつ恋ひぬ日はなし」〈・一六二三〉