• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

蜀犬吠日の解説 - 学研 四字熟語辞典

無知な人は、当たり前の事柄にも、怪しんで恐れること。また、見識もなく劣った者が、他人の言動をむやみに批判すること。
注記
「蜀犬しょっけん、日に吠ゆ」と読み下す。
故事
中国の蜀しょく(現在の四川省)の地域は、山地で霧が深く、普段から曇りがちで薄暗いところであり、そこの犬は、たまに太陽が出て日が射すのを見ると、怪しんで吠えたという。
出典
柳宗元りゅうそうげん「答韋中立論師道書いちゅうりつにこたえしどうをろんずるのしょ
用例
蜀犬日に吠え、呉牛月に喘あえぐと云うから、わしの様な田舎者は、却かえって困るかも知れんてのう。〈夏目漱石・草枕〉

キーワード[疑う]の四字熟語

キーワード[見識]の四字熟語

キーワード[不安]の四字熟語

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。