1. ミカン科ミカン属の常緑小高木。また、その実。暖地に産し、葉は長楕円形。初夏、白色の小さな5弁花をつけ、黄橙色の実を結ぶ。果樹として広く栽培され、ウンシュウミカンキシュウミカンなど多くの品種がある。たちばな。こみかん。 冬 花=夏》「―の香染みたる指を洗はずに/誓子

  1. ミカン科の双子葉植物の総称。約900種が温帯から亜熱帯に分布し、主に木本で、樹皮や葉に油腺をもつ。ミカン・キンカンカラタチなどの属を含むミカン亜科とサンショウ亜科とに分けられる。

[補説]書名別項。→蜜柑

芥川竜之介の短編小説。横須賀発の上り列車の二等客車の中の出来事を描く。大正8年(1919)5月、雑誌「新潮」に掲載。当初は「私の出遇った事」の総題で発表された2編の小説のうちの1作で、のちに独立した作品として単行本に収録された。もう1作は「沼地」。

出典:青空文庫