• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鋳金技法の一。中子 (なかご) の表面を蜜蝋 (みつろう) と松脂 (まつやに) を混ぜたもので覆って原型を作り、粘土汁を混ぜた泥を塗って乾燥させ、加熱して蝋を溶かして空洞を作り、鋳型とする。これに溶かした金属を注入して鋳物を作る。古くは青銅器・金銅仏の製作に用いられ、現代では精密鋳物で行われる。