• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

蝸角之争の解説 - 学研 四字熟語辞典

どうでもいいような、つまらないことで争うことのたとえ。
注記
「蝸角」は、カタツムリの角の意から転じて、きわめて狭いこと、また、小さいことのたとえ。カタツムリの左の角の上にある触しょく氏の国と右の角の上にある蛮ばん氏の国が互いに領地を争い合ったという説話から。「コップの中の争い」と同意。「蝸牛角上かぎゅうかくじょうの争あらそい」の略。
出典
『荘子そうじ』則陽そくよう

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。