• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

融通無礙の解説 - 学研 四字熟語辞典

意見や行動が自由で、何ものにもとらわれずにのびのびとしていること。また、状況に応じた処理や解決を行うこと。
注記
「融通」は、「ゆずう」とも読み、仏教のことばで、異なるものが融け合うように一つになること。すんなりと通ること。「無礙」は、とどこおりなく通じて、さまたげるものがないこと。障害がないこと。
表記
「無礙」は、「無碍」とも書く。
用例
最初の一手ぐらゐで躓つまづくやうな坂田の将棋ではない、無理な手を指しても融通無碍ゆうづうむげに軽くさばくのが坂田将棋の本領だといふ自信の方が強かつたのだ。〈織田作之助・聴雨〉
対義語
四角四面しかくしめん 杓子定規しゃくしじょうぎ

キーワード[こだわらない]の四字熟語

キーワード[自由/不自由]の四字熟語

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。