• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鱗翅 (りんし) 目メイガ科の昆虫の総称。翅 (はね) の開張1~2センチくらい。体は細長く、翅は体のわりに大きく、足は細い。夜行性で灯火によく集まる。種類が非常に多く、幼虫はさまざまな植物を加害し、大害虫もあり、髄虫 (ずいむし) (螟虫 (めいちゅう) )とよばれる。ニカメイガイッテンオオメイガツトガなど。 夏》

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[夏/動物]の季語