ヤコウガイオウムガイなどの貝殻の真珠色に光る部分を磨いて薄片にし、種々の形に切って漆器や木地の表面にはめ込み、または貼 (は) りつけて装飾する工芸技法。日本には奈良時代に中国から伝えられ、平安時代には蒔絵 (まきえ) にも併用された。摺 (す) り貝。

[補説]書名別項。→螺鈿

太田水穂の歌集。昭和15年(1940)刊行。

出典:青空文庫