1. 十脚目短尾亜目の甲殻類の総称。体は頭胸部にあたる甲と、一対のはさみ脚および四対の歩脚からなる。腹部は甲の腹側に折れ曲がって密着し、雌のほうが幅広い。海水・淡水・陸のいずれにも分布し、食用とするものが多い。ふつう横向きに歩行するが、前または後方に歩ける種もある。サワガニスナガニガザミケガニなど。 夏》「原爆許すまじ―かつかつと瓦礫あゆむ/兜太

  1. 蟹屎 (かにくそ) 」の略。

[補説]書名別項。→

河野多恵子の短編小説。昭和38年(1963)発表。同年、第49回芥川賞受賞。