• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 担子菌類のキノコ。ブラジルの森林内に自生。傘は白色で黒紫色の鱗片 (りんぺん) がある。ハキリアリが巣で培養して食料にするといわれる。

  1. 子嚢菌 (しのうきん) 類のキノコ。アリに寄生して、その死後に体上に発生する。ありやどりたけ。

[生物/植物名]カテゴリの言葉