• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

最も簡単なカルボン酸。無色の刺激臭のある液体。アリやハチの毒腺 (どくせん) やイラクサのとげなどの葉に含まれ、皮膚にふれると水疱 (すいほう) ができる。最初にアリを蒸留して得られたところからの名。有機薬品の合成原料・溶剤・皮革加工などに用いる。化学式HCOOH