• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

双翅 (そうし) 目イエバエ科および近縁の科の昆虫の総称。体長約1センチ。翅 (はね) は、後ろ翅が退化して棒状となっているため、一対。体は黒色・褐色で、頭部に大きな複眼と3個の単眼があり、触角は短い。幼虫は蛆 (うじ) 。イエバエクロバエショウジョウバエなどがあり、消化器伝染病を媒介する。はい。 夏》「やれ打つな―が手をすり足をする/一茶

[補説]作品名別項。→
《原題、(フランス)Les Mouchesサルトルの戯曲。3幕。1943年、ドイツ占領下のパリ市立劇場サラベルナール座にて初演。ギリシャ神話のエレクトラオレステスの物語を下敷きにした作品。
横光利一の短編小説。大正12年(1923)「文芸春秋」誌に発表。