1. 血を搾られるような苦労をして納める税金。負担の重い税金。

  1. 兵役の義務。明治5年(1872)太政官告諭の「西人之を称して血税という。その生血を以て国に報ずるの謂なり」による。