• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 歌合わせで、歌の優劣を判者に任せず、左右の方人 (かたうど) が論議し合って決めること。

  1. 合議で優劣・採否などを決めること。

    1. 「女郎の物好き、重ねて―にて極むべし」〈浮・敗毒散・三〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉