• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ハ四]

  1. 年月が経過しては、またやってくる。次々と過ぎてまたやってくる。

    1. 「―・ふ年の緒長く仕へ来し」〈・三三二四〉

  1. 出かけて行く。出向く。

    1. 「かの粟田口の宮に―・ひて」〈今昔・三一・一〉

  1. 立ち向かって行く。ぶつかって行く。

    1. 「其の儀ならば、―・ってうばひとどめ奉れ」〈平家・二〉