目的地に行く途中で日が暮れること。

「宿借らむ行方も見えずひさかたの天の河原の―の空」〈千五百番歌合・一四〉