• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 博打 (ばくち) や相場取引などで、損得を繰り返して、結局、差引勘定に変わりがないこと。「最終レースが当たったから―だ」

  1. 歌舞伎の演出で、ある場面から別の場面に替わり、またもとの場面に戻ること。普通は回り舞台によって行う。

  1. 相撲で、いなすこと。