行くことを敬っていう語。特に、天皇の外出をいう。行幸 (ぎょうこう) 。古くは、上皇法皇女院にもいったが、のちに御幸 (ごこう) と音読して区別した。
    1. 「群臣或は帝に勤むるに浙 (せつ) に―するを以てするあり」〈露伴運命

    2. 「こちごちの花の盛りに見 (め) さずともかにもかくにも君が―は今にしあるべし」〈・一七四九〉
(行幸)源氏物語第29巻の巻名。光源氏36歳から37歳。冷泉帝の大原野行幸、玉鬘 (たまかずら) の裳着 (もぎ) の行事などを描く。

出典:青空文庫