行雲流水の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

空行く雲や流れる水のように、深く物事に執着しないで自然の成り行きに任せて行動するたとえ。また、一定の形をもたず、自然に移り変わってよどみがないことのたとえ。▽「行雲」は空行く雲。「流水」は流れる水。諸国を修行してまわる禅僧のたとえにも用いられることがある。「流水行雲りゅうすいこううん」ともいう。
出典
蘇軾そしょく「謝民師推官しゃみんしすいかんに与あたうるの書しょ
句例
行雲流水、人生は旅なり
用例
苦沙弥君の文は行雲流水のごとしとありましたよ<夏目漱石・吾輩は猫である>
類語
雲遊萍寄うんゆうひょうき

行雲流水の解説 - 学研 四字辞典熟語

①自然のままによどみなく移りすぎることのたとえ。②何事にも執着せずに自然のなりゆきにまかせて行動することのたとえ。③諸国を行脚する禅僧のたとえ。
注記
「行雲」は、空に浮かび流れていく雲のこと。「流水」は、流れる水のこと。空に浮かんで流れていく雲や、流れる水のように自然によどみなくという意から。出典の「蘇軾そしょく、嘗かつて自みずから謂おもえらく、文ぶんを作つくるは行雲流水の如ごとし」による。
出典
蘇軾そしょく「与謝民師推官書しゃみんしすいかんにあたうるのしょ
類語
雲烟過眼うんえんかがん

行雲流水の解説 - 小学館 大辞泉

空を行く雲と流れる水。物事に執着せず、淡々として自然の成り行きに任せて行動することのたとえ。「行雲流水の生活」

キーワード[こだわらない]の四字熟語

キーワード[自由/不自由]の四字熟語

出典:青空文庫