[名]《衣服の手の意から》着物の袖。たもと。多く、和歌に用いる。
    1. 「妹とありし時はあれども別れては―寒きものにそありける」〈・三五九一〉

[枕]
  1. 衣手をひたす意から、「ひたち」にかかる。

    1. 「―常陸 (ひたち) の国の二並ぶ筑波の山を」〈・一七五三〉

  1. 「あしげ」にかかる。

    1. 「―葦毛の馬のいなく声」〈・三三二八〉

出典:青空文庫