• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

着物の片袖を敷いて寝る。独り寝をする。

「さむしろに―・き今宵もや我を待つらむ宇治の橋姫」〈古今・恋四〉